読売ゴルフの歩み

1959年
(昭和34)
読売ゴルフ株式会社創立
1960年
(昭和35)
よみうりカントリークラブ結成
1961年
(昭和36)
よみうりカントリークラブ(東コース)開場
アーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤー模範プレー(CC)
1962年
(昭和37)
よみうりパブリックコース(西コース)開場
サム・スニードが模範プレー(CC)
1963年
(昭和38)
カントリークラブで第1回ゴルフ日本シリーズ開催
1965年
(昭和40)
カントリークラブで第1回関西実業人ゴルフ大会開催
1966年
(昭和41)
パブリックコースで第1回全関西パブリックゴルフ大会開催
カントリークラブで読売文壇人ゴルフを開催
丹羽文雄、川口松太郎氏らが参加
1973年
(昭和48)
さくらコースが完成、パブリック打球場も新装し、営業開始
1978年
(昭和53)
読売ゴルフ所属、今堀りつプロがトヨミトレディース(貞宝CC)で初優勝
1979年
(昭和54)
第1回よみうりオープンゴルフトーナメントをカントリークラブで開催
杉原輝雄プロが尾崎将司プロをプレーオフの末破り、優勝
1981年
(昭和56)
カントリークラブ新設ベントグリーン完成
1988年
(昭和63)
第1回循環器病チャリティーゴルフをカントリークラブで開催
1992年
(平成4)
光コース開場
1995年
(平成7)
阪神大震災により事実上クローズ状態に。地元住民の方に風呂を開放。
カントリークラブに電磁誘導式乗用カートを導入。肩つぎ方式から移行。
1997年
(平成9)
カントリークラブの新クラブハウス完成
2001年
(平成13)
2001年(平成13年)パブリックコースに電磁誘導式乗用カートを導入。
2005年
(平成17)
第1回ゴルフ甲子園(高校野球OBゴルフ対抗戦)開催
予選はパブリックコース、決勝はカントリークラブ
2006年
(平成18)
パブリックコースのコース改造が完了。アウトとインを入れ替え、名称を「ウエストコース」と改めて新たにスタート
2008年
(平成20)
ウエストコースで~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシックを開催
カントリークラブが半年間休場しコース改造、ワングリーンの新しいコースに生まれ変わる。
2009年
(平成21)
~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック(カントリークラブ)
石川 遼プロ、最終日12番ホールで20Bも16番奇跡のチップインイーグルで劇的な優勝。
この年史上最年少の賞金王に。
2010年
(平成22)
読売ゴルフ株式会社創立50周年
2011年
(平成23)
カントリークラブ 開場50周年
2012年
(平成24)
ウエストコース 開場50周年・光コース20周年
2013年
(平成25)
さくらコース 開場40周年
2014年
(平成26)
ウエストコースに最新型GPSカートナビ導入
2014年
(平成26)
HPリニューアル